mameta医師の共働き育児日記 

dmameta.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 11日

お受験について

昨日プレ幼稚園について自分の思いを書きましたが今日は
お受験について考えてみます。

息子は現在保育園でのびのびと生活しております。
この保育園は先生も皆さん、明るく楽しく元気いっぱいで、息子も
この保育園のお陰で明るい性格が形成されているいる気がします。

その保育園は残園ながら今年度で卒園しなくてはならず、
その後は近所の幼稚園または新たに保育園に行くことになります。
横浜は全国でも保育園の待機児童が多くて有名な地域で、
途中から保育園に転園するのは至難の技。
ほとんどの幼稚園が延長をしているため、それを利用する人もいますが、
この地域は世の中の少子化の流れとは正反対に子供の数がとても多いので、
幼稚園に入るためにもプレに通うか、願書配布前から一週間も並ぶなど
様々なハードルがあるようです。

我が家はまだ、保育園にするのか幼稚園にするのかは決めていません。
保育園は役所が来年選考を行うため、自分達で何も準備も出来ませんが、
卒園したお友達も何人もが「希望の保育園に入れなかった」のを見てるので、
今はお受験では無いですが、幼稚園のプレに通い万が一に備えています。

○プレの試験の様子はこちら
○始まったプレの様子はこちら

結婚前は幼稚園受験など異次元の話で、子供が出来てからも全く考えていませんでしたが、地域柄少しずつ僕の耳にもその言葉が入ってくるようになってきました。

幼稚園に限らず、小学校、中学校でのお受験は子育てをする上で
切っても切れない事のようで、子供を持った今、
ひたひたとその波が押し寄せてきております。

そこで、お受験の最終目標は何なのでしょうか?

一流大学に入り、経済的にも社会的にも恵まれた地位に昇る?
その為に小さいときから競争に勝ち抜くレースに乗る。
理屈では分かるのですが僕は何となく違和感があります。

息子たちには早く自立し、自分の力で社会を生き抜いていく能力を
身につけて欲しいと思っております。
もちろんその過程の中で受験は一手段であり、そこを通過すると言う意味では
無視できませんが大切なのは生き抜く生命力を持つかどうかだと思います。

息子たちには前へ突き進む骨太の人格と優しさを含む豊かな感性を持つ
そんな人間に成長してもらいたいです。

勉強は興味がわけば面白いように成績は伸びますが、
嫌々な状態で詰め込むとすぐ限界が見えます。
僕は息子たちのキャラを見て、上手く能力を引き出してあげればと思っております。

人生は大学の合格通知をもらった時より先の方が長く、困難も多いので
長い目で見た人格形成、教育が必要だと思います。

応援してくださる方、
クリックをして頂けると嬉しいです!


by Dr_mameta | 2006-06-11 23:35


<< 手羽先とねぎの煮物       プレ幼稚園 >>